ねずみの駆除は刹鼠剤が有効

ねずみは従来、日本家屋の屋根裏や床下などのに生息していたのですが、現在では、鉄骨や鉄筋コンクリートの住宅にも生息し、食糧を求めて人間の生活環境内に生息するようになったと言われています。近年、多く見られる種類としてクマネズミやドブネズミがいます。どぶねずみに関しては、生息域が広く、水中をも移動し、どぶ(側溝)や下水道内、地下(土の中)にも穴を掘って生息します。



米や豆などの穀物類を好み、魚や肉類、生ごみとなんでも食べる雑食性です。また、尾が長く体毛がビーバーのように撥水性を持つことから水中での泳ぎを得意として低い水温に体温を合わせることが出来ると言われています。
ねずみが発生した場合、直ちに駆除を行わなければいけません。


駆除方法は専門家に任せるということもありますが、自身で行うこともできます。


既に生息しているような場合、糞やおしっこをしている場合があるので、おしっこや糞を目印として縄張りをつくり、定着してしまっていると駆除が難しいですが、まずは侵入経路を見つけることが先決です。

どこか必ず小さな穴などから侵入しており、それを発見し塞ぐことが大事です。

ネズミ駆除の方法に有効な情報の紹介です。

侵入経路を塞いだら、糞や尿の除去をしましょう。

生息域に殺鼠剤(毒餌)を播きます。


毒餌を食べたことにより仲間も駆除することが出来、警戒心の強いことから危険地帯と考えて、住宅周辺には近寄らないようになります。


ねずみは夜行性で人が活動しない時間帯に活動しますが、駆除の痕跡がある場合、餌場や住み処を変える習性があります。

livedoorニュースの情報はここで調べよう。